セイコー―本当の腕時計会社で100年以上の遺産。

ところで、化石のような私。私は多くのブランドが好きにしてください。実際に私は化石の石英とともに自身shinola(オメガシン、mkiiなど)。私はあなたの比較はおかしかったです。
ガッチャ―それが化石より少し素晴らしいです、しかし、ホーゲのマージンによってない。
うまく完結したクラウン、きちんと50ドル箱、ストラップ35ドルの結晶は、移動(小売り)が18ドルのために、帳尻が合わないと正当化された800ドルの価格差に。私へのそれをわずかによりよい仕上げ成分を正当化しないふくれた価格で見かけ倒しのファッションウォッチです。それは品質のに基づいて、これは350ドル(寛大)を見てください。1000ドルですか?現在、それはおかしいです!
それは素晴らしいalotです、しかし、私は同意します、それはまだ高価です。これは、社版であるので、私はthats理由その値段が高すぎると思います。しかし、その外でないならば、この業界の標準です。スイスの高級ブランド料18 kの金の価格でssと比較した場合に見えます。またはbremontの仕掛けの投げた部分のローターで飛行機と充電5 kより多く。少なくとも、あなたはshinolaプレミアムを払うためわずか数百ドルです。アルピナでも1000ドルのクォーツクロノ。
何だろうな、このブランドの自身のように優れた値の人を批判している誰でも?私の推測は、格安ホテル価格のダイバーとマイクロのブランドを使用する「由緒ある馬車馬のような「運動とmiyotas…
セイコー―本当の腕時計会社で100年以上の遺産。家の動きで、美しい仕上げの本当の品質。800ドル(またはそれ以下)のトップのセイコーのブライツのいずれかを購入する前兆となることができます。または、共和国シリーズのカップルを購入とお金が残った。例えば、アルピニストを見てください。
私は休暇のように、私は私の幸せとワードの商人の胆汁の一般的なレベルですが著しく減少している。と言うように、私はちょうどします:これは間違っているとは止めるべきあらゆるレベルの上の番。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です